2017年03月11日

波動、周波数を上げる

こんにちは^^
福岡・渡辺通りニューオータニ近く
~脳の休息+目と体ほぐし~
新感覚のボディケアサロン
「ゆらぎの部屋」のみゆうです。

スタッフブログはこちらになります。



今日は私が「引き寄せ」をするために
大切だと思っている事、
その4・波動、周波数を上げる
について書いていこうと思います。



波動の法則って聞いた事ありますか?
これがある意味「引き寄せ」の
法則とも言われるのですが
「同じ波動(周波数)のものは引き合う」



音叉の実験をやった事がある方も
多いとは思いますが
2本の同じ周波数の音叉のうち
一方を鳴らすともう一方も鳴り出す。
共振、共鳴と言われるものです。



私も同じ周波数の音叉を持って
いますので確かめてみましたが
ちょっと音は弱かったけれど
「確かに聞こえました」
(疑り深いのです。私(笑))



何でも自分で試さないと
どうも気が済まない性分で
つい実験(笑)



これが人や物でも同じだと言います。
自分の周りに「良い人が多い」
と思えるのなら同じような波動なので
是非そのままキープを♪



「あまりいない」場合、
今の波動はあまり良くない可能性が
あります(泣)



違う周波数同士なら自然と離れて
行くようなので
波動さえ変われば良い事。
変えましょう♪



ってどうやって?
一番高い波動は「感謝」する事。
しかも心から。が一番ですが
まずは口だけでもやり続けると
少しづつそれが本物になると思う。



良く引き寄せしたいなら
「感謝」しましょうと言われるのは
そのためです。



ただいきなり感謝と言われても
戸惑ってしまうかもしれませんが
まずは両親に向けて(どちらかでも)
手紙を書いて欲しいのです。
これは渡さなくていいので
何か思いででも今感謝出来る事でも
いいのでちょっと書いてみて下さい。
(出来れば今すぐに!)
この先を読む前に書いてみて下さいね!



書けましたか?



どんな気持ちになっています?
何かじわ~っとあたたかいような
良い気分になれています?
なれていないのなら
そうなれるまで書き続けてみて下さい。



今度は大丈夫ですか?



では次のお題へ(笑)



先程と同じ両親(もしくは片方)の事で
嫌な思いをさせられたことや
腹がたったことなどを書き綴って
みてください。
腹がたってくるまで・・・・・



いかがですか?
ちょっとイライラしてきましたか?



何故このような事をしてもらった
かというと「感情」によって
波動が変わる感覚を分かって
欲しかったからです。
面倒な事させてしまって
ごめんなさい!



しかしこの様に良い面をみるか
悪い面を探すかによって
物事のとらえ方は違うというか
「感情」が変わる。
一瞬ですよね?



感謝する事がないと思えても
必ずあるのです。
「両極の法則」
物事にはプラスの面と同じだけの
マイナスもある。
プラスだけもないけどマイナスだけもない。
表裏一体です。



これは全てに当てはまります。



「引き寄せ」出来てる自分って良いですよね。
何でも思い通りに引き寄せられる!
しかし一方では?
妬まれたり、騙そうとする人もやって来る。



「結婚できていいな」でも
「自由がなくなる」「全て好きには出来ない」



などなど・・・・
必ずプラスとマイナスが混在するのです。



なのでそれを踏まえた上で
物事を見て行くと
良いも悪いもない。
ただ物事があるだけ。



あなたがうらやむあの人も
きっと何かマイナスな事を持ってる。



だから人と比べない。
ジャッジしない方が良いと思うのです。



感謝の波動は高いけれど
人と自分を比べて妬んだり、
腹を立てていると波動が下がる。



それを止めない限り、
いつまでたっても波動は上がりません。
アクセルとブレーキを
同時に踏むのと一緒です。



あなたの良さは人が決めるものではなく
自分で認めてあげれば良い。
人に求めるのではなく自分で
褒め称えたら良いと思う。



私なんて自分めちゃ褒めます(笑)
ちょっと頑張ったら
「頑張ったね~」
何か出来たら「凄いね~」
毎日何回褒めてることやら(笑)



この話は次回へと続くのですが
小さな事にも感謝できるように
なると気分が幸せになれる回数多く
なりますからお勧めです^^



プラスでもマイナスでも感謝!
そのうち全てを感謝できるように
なれますから
根気よく頑張ってみてくださいね!
よ~く探すのがコツです^^



本日も長文最後までお読み頂き
有難うございました。
posted by みゆう at 22:25| Comment(0) | その4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください